女性のための釣りコミューニティサイト

ましゃのお気に入りルアー✨「海編」「渓流編」「管釣り編」それぞれ紹介します🎣💗

2021年03月11日

こんにちは!アウトドア大好き、みちましゃOUTDOORのましゃです☀️{
今日は、お気に入りのルアーについて書かせていただきます!
 
普段の釣行の様子はYouTubeにもアップしていますのでぜひ見てみてください(*’▽’)✨
https://youtube.com/channel/UCbbkbv-N7x7w1Qvd3vp-qdg
 
…とはいったものの、ルアーにはどれも思い出が詰まっているので、なかなか1つだけを選ぶのは難しいものです。
そこで、今日は釣り方など3つのジャンルに分けて、それぞれのトップを紹介していこうと思います♪

①【海編】絶対釣れる!定番メタルジグ
②【渓流編】美しさの極み、渓流ミノー
③【管釣り編】かわいいすぎる♡クランクベイト
 

①【海釣り編】絶対釣れる!メタルジグ

まずは海での釣りに欠かせないメタルジグから紹介します。メタルジグは金属製の比較的重いルアーのことで、その重さの分、飛距離が出やすく、海での釣りによく使用されています。
 
私のお気に入りのメタルジグはこちら✨
メジャークラフト・ジグパラスローで釣れたヒラメ
「メジャークラフト・ジグパラスロー」

言わずと知れた王道ジグです。
フォール時に、ヒラヒラと舞い落ちる落ち葉のようにアピールをしてくれます。釣りを始めたばかりで、うまくルアーを泳がせることができなかった頃に重宝していました。

しかも、ウェイトバランスが良く、軽い力で遠くまで飛ばすことができるので、ショアからの釣りで後れを取ってしまう女性にも優しい仕様です🌸
ヒラメやカサゴなどの底にいる魚はもちろん、クエやアカハタといった高級魚、ツバスなどの青物まで釣ることができました!
 

②【渓流編】美しさの極み、ミノー

次に紹介するのはミノーという種類のルアーです。

小魚を模して作られることが多く、ルアー前方にリップが付いているため、水の流れを受けると、本物の魚のように動き出します。泳ぎ方や沈み方・重さまで幅広い種類があり、バスや渓流・青物もその対象に含まれます🙌
 
その中でも、私がよく使う渓流ミノーから、オススメを紹介させていただきます!💛
ミノーという種類のルアー
「スカジットデザインズ・チップミノー」

ミノーは魚に似せて作るため、もともと精巧で美しいデザインのものが豊富ですが、中でもこちらのチップミノーは、投げずにずっと見つめていられるほど美しく優しい色合いをしています。

渓流ミノーイングの始祖ともいえるこのチップミノー。重さが2gほどしかないため、動かすには高い技術が必要です。
 
私はまだまだ初心者で、特別なアクションを必要としなくても釣れるルアーに頼ってしまいますが、いつかはこのチップミノーで、同じくらい美しいトラウト達と渡り合ってみたいなぁ、と夢を膨らませています☺️🌸
 

③【管釣り編】かわいいすぎる♡クランクベイト

海や川と違って流れの少ない管釣りでは、スプーンやクランクベイトを主に使っています。特に、タダ巻きだけで釣れてしまうクランクベイトは、必須アイテム🙋‍♂️!
 
中でも、こちらのクランクベイトが大好きです!
シマノ・カーディフふわとろ
「シマノ・カーディフふわとろ」

この緩やかな曲線の愛くるしさ💛釣りをしない人でも間違いなくかわいいと言わざるを得ないフォルムと色合い。デザートや飲み物をモチーフにして配色されているため、名前も可愛らしいのが特徴です。

私が良く使うのは、ストロベリーオーレと抹茶ラテ。こんなに小さい身体ながら60cm近い大物まで釣れてしまうから驚きです😳💗
55cmクラスのレインボーを持つ女性

こちらの写真は以前、記事にさせていただいた、アクアヘヴンさんでの55cmクラスのレインボーです。
このときもふわとろと、同じシリーズのちびとろを使って釣っていました🎣
 
一括りにルアーといっても形や動きは様々。同じようなルアーだと思っても、目やエラ・ヒレまわりの膨らみが微妙に違っていたり、鱗や模様が細かく描き分けられていたりと、作り手の方々のこだわりが感じられます。
 
釣れるルアーを探すのも楽しいですが、自分の好きなルアーを探して、そのルアーで釣るというのも釣りの楽しみのひとつかも知れませんね🎣💗
 

こんにちは!ましゃです(*˘︶˘*).。*
釣りはもちろん、海に潜ったり山に登ったり、アウトドアが大好きです!
まだまだ初心者ですが、いろんな釣りを経験して、もっともっと上手く、もっと楽しく活動していきたいと思っています୧( ˵ ° ~ ° ˵ )୨
よろしくお願いします