女性のための釣りコミューニティサイト

マグロ釣り初心者・デビュー予定の女性へ!キャスティングマグロ釣りの特徴やコツについて?

2020年07月06日

こんにちは、hazukiです。「キャスティングマグロ釣りってどうやるの?」「どういう道具を用意すればいいですか?」「マグロ釣りのコツは?」という質問を頂くケースがあり、記事にまとめてみました。
 

キャスティングマグロ釣りの特徴


マグロ釣りは、地域や時期によってかなり差があります。今回は神奈川県に住む私がよく行く相模湾を例に挙げてみたいと思います。時期は早くて5月頃から遅くて10月頃まで。
 
マグロの種類はキハダマグロがメインになります。黒潮が相模湾にさすことで、水温が20度以上に上がってくるとマグロ開幕の合図となります??マグロのサイズは20キロ〜大きいものは60キロと、夢のあるサイズが待っています?
 
神奈川県では規定があるので、8月からコマセ釣りが解禁となりますので、餌に興味がある人はそれまでに準備をすれば間に合いますよー!
キハダマグロの特徴は、まず第一に回遊魚です?その名の通り回遊しますので、船釣りではエサ釣り・ルアー釣り問わずポイントがどんどん変わります。ルアー釣りでは、ソナーでの誘い出しやベイトを囲んでいる、通称ナブラを見つけて全速力で船が走ります。これがまた、たまらないんだなぁ?
 

キャスティングマグロ釣りに必要な道具


私がメインでやっている釣り方のキャスティングを紹介します!
 
まずリール!これに関しては、正直なところ値段はピンからキリまであります。ただ、相手はマグロです!基本的にある程度のラインキャパが必要になってきます。
5月〜7月くらいまではPEライン4号を300メートル巻く事ができるスピニングリールがいいと思います。欲を言えばその中でもハイギアのもの!私自身そこまで力がないので、リールの力がある方が女性はより楽にマグロを上げる事ができると思います。
 
8月以降はイワシやコマセを食い始め、サイズが大きくなってくるのでそれに応じてPEも6号程度までは揃えておくと良いと思います!
 
次にロッド。何より大事!とにかく大事!ロッドが大事なんて当たり前だと思うんですけど、そういう意味だけではないんです。これが「女性にとっては特に大事」という意味です。私も色々な方にオススメのロッドを教えてもらったり、実際に投げさせて頂いたりしました。
 
ですが、周りの人のオススメに私の身長や力、腕の長さは考慮されていないんです。まずは飛距離。これがないとそもそもマグロをかけることすら出来ません。8フィート台のロッドで(9フィート近くあってもいいと思います。)
 
180〜200mmのルアーを50メートルくらい飛ばせると理想的。そして女性の小柄な身体で大きいマグロをあげるには、パワーが必要です。さらに、男性には「力なんていらないんだよ〜」と言われることも多いのですが、そもそも基本的な筋力や体幹、体力が違うので、あまり時間をかけずにロッドの力を使ってファイトすることを考えた方が良いと思います。飛ばしやすい柔らかさも重要で、マグロをロッドの力であげてくる力強さも重要。ロッド選びには私もかなり悩まされました。
 
タックルに関しては皆さん自分の好きなメーカーもあると思うので、具体的な商品名はあげませんが、私が相模湾で使っているものを紹介しますね。
リールは、大手メーカーであるSHIMANOさんやDAIWAさんでいう10000番を1台、14000番を2台使用しています!


 
ロッドは8フィート後半(9フィート近いもの)を1本、8フィート半ばを1本、7フィート近いものを1本。3タックル積んで、釣りに出かけます。というのも、マグロ釣りに行く際は、最低限2タックルある方が釣りをより楽しめると思います✨

 
というのも、マグロは回遊魚。釣りに行っても、会うこともできない事も多くあります。そんな中で海でマグロに会えた時は大チャンスです。ナブラや鳥を見つけて全速力で駆けつけた船長は「投げて!!!」と合図をくれます。(もちろん自分のタイミングで投げるので、何も言わない船長もいます。)
 
そんな時、フローティングルアーを投げるかシンキングルアーを投げるかは状況によって変わります。そう、そもそもルアーを付け替えている時間がないんです。そのためタックルは最低でも2タックルあると安心です⚠️
 

マグロ釣りのコツ

正直、私もこれがあるなら知りたいです!笑
 
ここでは最低限必要な事だけ書きたいと思います。まずは「キャスティングの技術」だと思います。私も初めは練習しました。今でも練習は定期的にしています。主な練習内容は飛距離を伸ばす事、より狙った場所にルアーを落とす事です。
 
回遊魚であるマグロを釣るには、いかにマグロがいるところに早くルアーを落とすか重要になってきます。もちろん誘い出しなどで、ゆっくり投げる時もありますが、その場合でもサイズの違うルアーをより遠くに飛ばす必要があります。
 
あとは、慌てずにファイト姿勢に入り、「常にテンションをかけ続ける事」だと思います。この点に関しては、どんな魚でも重要ですが、マグロの口周りは非常に固く、フッキングしづらいため、スレ掛かりで上がってくることも少なくはないため、テンションをかける事を意識する事は釣り上げるために重要だと思います。
 

マグロ釣りをする時の注意点

キャスティングでマグロを釣る時はオーバーキャストをします。そのため帽子は必須です。私も一度だけ隣の方がキャストした時にフックが引っ掛かり自分の帽子を飛ばされた事もあります。
また、キャストをする際には必ず「投げます!」と一声かけましょう。自分と周りの人の安全を守るために必要な事です⚠️
 
あとは、、、釣れなくても諦めない気持ちさえあれば必ず釣れます。どんなに釣れなくても、どんなにマグロに会えなくても海に出続ける事が大切です!
まぁ、注意点ではないですね。分からない事等あればいつでもhazukiまで聞いてください〜
 

夏のキャスティングマグロを中心に、船釣りメインで釣りをしています!大物大好き、魚を釣って、食べるまでが大好きなので基本は食べられる魚を釣ってます☆
コマセ五目から始まり、ルアーにも手を出して、幅広く釣りを楽しみたいと思っています!