釣りガール&女性アングラーのための釣りコミュニティ

2022年12月8日

【ロックショア釣り遠征】車中泊グッズや荷物をまとめるコツも紹介!

こんにちは!みょんです♪
今回は、釣り遠征の段取りや準備についてまとめてみました!

行き先や狙う魚種によっても準備するものが変わってくるので、参考になれば幸いです!

遠征が決まったら

仕事の関係上、どうしても週末しか釣りに行けないため、大型連休以外は金曜日の夜から土日を使っての遠征になります。

潮回りや最近の釣果などをチェックしながら行き先は決めていますが、最終的には天気や風を見て判断しています。

沖磯の場合

船の予約が必要になるため、遠征が決まった時点で予約をします🛥

予約不要で当日集合の渡船屋さんの場合は、前日に連絡をして出船するかどうかと、出船時間の確認をしています。

高知県の鵜来島へ遠征に行った際は、渡船屋さんが旅館の営業もされていたため、宿泊希望かどうかやお弁当の有無なども予約の際に伝えました♪

 

SNSを使っていらっしゃる渡船屋さんも増えてきましたが、電話でしかやり取りをされていないところもあるので、事前に確認が必要です!

沖磯へ渡してもらう渡船代も渡船屋さんでまちまちですが、4000円前後が多い印象です🎣

ちなみに、鵜来島遠征の時は港から磯までが1時間ほどあるため、渡船代も倍ほどかかりました。
距離に応じて金額も変わっていくようなイメージです。

地磯の場合

地磯の場合は、自分自身の都合で動けるので、
直前で天候が変わってしまっても大丈夫なように行き先の候補をいくつか用意しています!

また、場所によっては人気で早い時間から行かないとポイントに入れないようなところがあったり、単純に暗いうちからポイントに入るのが危ない場所もあるので、何度か行った上で時間などは決めています。

地磯だと、交通費とガソリン代だけでいいのも嬉しいポイントです♪

いつも2~3人で行っており、人数で高速代とガソリン代を割っているので行き先によって金額も大幅に変わりますが、深夜割引や休日割引が適応されるタイミングを狙って行くので、往復で5000円前後くらいで済んでいます。

タックル紹介

最近は強気に1本だけで行っていますが、水深の浅いところなど、場所によってはライトタックルも持参しています!

メインで使っているタックルや、持参しているものなどを紹介していきます♪

メインタックル

rod:ZENAQ / MUTHOS Accura RACING 100H
reel:SHIMANO / STRADIC SW 6000XG
line:SEAGUAR / PEX 8(3号)

ライトタックル

rod:SHIMANO / HARD ROCKER BB S83MH
reel:SHIMANO / STELLA C3000XG
line:VARIVAS / VARIVAS 4(0.8号)

ジグやプラグ類

ジグは大体40g~80gくらいまでを中心に使っています!

シルエットやフォールスピード、カラーなどを使い分けて様子を見ます。

朝一はトップから!と言われることが多いのですが、釣り仲間たちと色んなルアーを使い分けて、効率よく探るようにしています♪

トップに反応が無く、ジグの方が良ければ全員でジグに切り替えるなど、朝の貴重な時間を有効活用します。

磯はなるべく荷物を少なくするのと、出来れば両手が塞がらないようにするために持って行くものを選別していますが、ライフジャケットのポケットに詰め込むため、選別していてもかなり重くなってしまいます(笑)

車への積み込みと車中泊グッズ

人数分のタックルや着替え類、クーラーボックスなどを積み込まなければならないので、ロッドはひとまとめにして移動中にバラけないようにしています。

また、釣り場についた時にすぐに準備が出来るように、使うものは手前に置くなど、配置に気を付けています。

ロッドバンドは磯に上がる時にも便利なので、複数ロッドを持って行くときは必須アイテムになっています♪

写真のように、天井のスペースを使ってロッドを固定しています。

車中泊をするときは、夏場は蚊が入ってこれないようにするネットを窓に被せて、窓を開けて寝ると快適です💡

閉め切ってエアコンを付けて寝たいところですが、節約のため、換気しつつ小さめの扇風機を取り付けて循環させています。

冬場は閉め切っていても寒いのですが、少しだけ窓を開けて、しっかり着込んで寝るようにしています。

長距離移動の際に腰が痛くなるのを和らげるクッションが、枕代わりになるので快適です♪

100円ショップで1個500円ほどでした。充電式なのも嬉しいポイント。

遠征や車中泊をするときの必需品がポータブル電源です!

家で充電して持って行きますが、車のシガーソケットでも充電が可能なので、仮に充電が減ってきても走行中に充電しながら使える優れものです♪

手のひらサイズで、車の隙間に積んでおけるため、場所を取ることもないため便利です。

遠征準備

遠征となると、どうしても荷物が多くなってしまいがちですが、私はこんな感じにまとめています!

メイク用品・スキンケア類

メイク用品は最低限のものだけにして、
スキンケア類はかさばらないトラベル用の使い切りのものを持参しています。

それらを全てジップロックに入れて収納しています♪

着替えなどすぐに使わないものはリュックに

急な雨や、万が一の落水を想定して念のため、全身の着替え一式と、釣りの時の着替えを詰め込んでいます!

冬場は詰め込むとかさばるので、アウターなどは入れずに着ていくようにしています。

逆に夏場は汗をたくさんかくので、タオル類を多めに入れたり、ボディーシートは必需品です!

メイクの上から使えるリフレッシュシートには助けられました✨

貴重品・出し入れが多いものなどは

小物類は、トートバッグに入れて座席に置いています!

途中でコンビニに寄ったりするので、お財布やハンカチ、ポーチなどはこれに入れています。

あとは、潰れたら困るのでGoProもここに一緒に入れています。

ちゃんと収まります♪

遠征先で出会った魚

ロックショアの面白いところは、何が釣れるかわからないところです★

大型青物GETを夢見て挑んでいますが、まだまだ満足できる魚には出会えていません!

渋い時は色々考えてルアーチェンジをしたり、諦めてぶっ込み釣りをしたり…
磯の楽しみ方は無限大だなと思います♪

お腹パンパンの可愛いアカハタ!しかも40cm弱の良型でした★

めちゃくちゃ長いアオヤガラ!よくこんな口でエサ喰ってくるなぁと感心していました(笑)

 

まだまだ釣り歴が浅いので、新しい魚に出会える確率も高く、毎回ドキドキです!

ロックショアはやり取りが難しかったり、
足場が不安定なところばかりなので
常に安全に配慮しながら楽しんでいます!

今回は遠征の際の準備について
詳しく紹介させて頂きました!
少しでも参考になりますように♪

 

個人ブログと
Instagramもよろしくお願いします♥

blog♥

Instagram♥

myonの他の記事

みょんが釣りにハマった理由とは?何度もリベンジして上がってきた魚は…!
【ロックショア釣り遠征】車中泊グッズや荷物をまとめるコツも紹介!
VIEW MORE

関連する記事

釣り遠征
釣り遠征のススメ🎣荷物の準備やタックルバランスも紹介
hazuki
2022年12月24日
釣り報告
牡鹿へプチ遠征🎣遂に出会えた良型メバル
Peg
2022年12月21日
釣り遠征
釣り遠征に行こう🐟【Peg 準備編】
Peg
2022年12月13日
釣り遠征
車中泊遠征を快適に🎣キハダマグロの釣行準備
nozomi
2022年12月11日