女性のための釣りコミューニティサイト

釣りガールかなっぺ的♡帽子選びのポイントとオススメ♡

2021年08月29日

みなさんこんにちは♡

 

釣りに欠かせないアイテムの一つ、それは、、、帽子✨

 

 

熱中症対策や怪我の予防として釣行時には必ず身につけておきたいアイテムの一つですよね✨

 

釣りに行く際は絶対必須ともいえるフィッシングアイテムの帽子、
釣りガールかなっぺのお気に入りアイテムからご紹介していきます!✨

 

 

日焼け対策の最強アイテム女優帽

お仕事以外の日は毎日釣りをしていたいかなっぺですが絶対日焼けはしたくなたい🥺

 

そんな日焼けしたくない釣りガールの味方が

つば広女優帽♡

 

 

つば広帽子を選ぶ際は

 

ツバが20〜30cmあること

→つばが広いことで、日影になる面積が増え必然的に日焼け予防効果のup♡
→ロングヘアは特に”髪の毛の日焼け”も予防できて◎

 

 

ツバにワイヤーが入っていること

→ワイヤー入りなら多少風が強くてもツバが煽られることなく釣りに集中できる◎
→形状復元が出来るので、型崩れを気にすることなく持ち運べて楽♡
→釣果写真を撮る際は顔が陰にならないようツバの角度を微調整可能♡

 

 

そして真夏の強烈な紫外線を乗り切るには

 

遮光タイプの女優帽がオススメ♡

→麦わら帽子タイプだと太陽光も紫外線も筒抜けなので、真夏は遮光タイプの帽子がオススメです♡

 

 

後付けの命綱(笑)

→以前にも紹介した後付けの顎紐で強風による帽子落下予防(笑)
→帽子やお肌に馴染みやすいカラーの顎紐を100円ショップでgetして帽子に縫い付けちゃいます♪

 

 

と、まあ つば広女優帽激推しのかなっぺですがつば広な分爆風や豪雨には不向きです✖️✖️

 

 

荒天時はキャップorサンバイザー

→レインフードだけでは防ぎきれない雨風は、キャップやバイザーが顔に当たる雨粒を軽減してくれるので雨の日だって快適に釣りに集中できます♡

 

 

キャップ✖︎釣果写真

→釣果写真ではなるべくキャップを斜めに被り可愛く♡は勿論、顔の影部分を減らし表情が伝わりやすくなるようにするのが◎

 

 

冬はニット帽であったかわいく♡

比較的カジュアルなフィールド(潮風も無く、短時間の釣り)でも帽子は着用します◎

 

 

針を扱う遊びだから安全面にも配慮

→防寒は勿論、怪我予防の面でも冬にはニット帽を着用◎
→夏に比べ紫外線量は減りますが、お天気の良い日は常に首元でフェイスガードが待機しています(笑)

 

 

ツバ付きニット帽で視界の確保

→釣りをする時間帯や方角によっては冬の太陽も眩しいので、

ツバ付きのニット帽orサンバイザー✖︎ニット帽
で、竿先や海面をクリアに♡魚の状況をいち早く把握することで沢山釣れる釣果に繋がってきますよー!◎

 

 

かなっぺの好きが詰まった帽子アイテム如何でしたか?💓笑

釣りガールのみなさんの帽子選びの参考になれれば幸せです♡♡

 

 

シーズンや天候、好みに合わせた素敵な帽子アイテムをgetして更に快適な釣りを楽しんで下さいねー!♡

 

 

寝てもさめても釣りまみれ
釣りバカガールですϵ( ‘Θ’ )϶♡

年間釣行は平均100日超え◎

普段は大阪湾の船タチウオテンヤを中心に
イカメタル、タコ、カワハギ、のませ釣り、ジギング、中深海バラムツや鬼カサゴetc…

陸っぱりや海上釣堀〜船釣り中深海までオールラウンドに釣りをしています♡